避妊去勢のお願い

私たちGo!Catsは毎週いろんな会場をお借りして譲る会を開催しています。

『飼い主がいない猫の不妊手術』
『捨てられたり、親を失ったりした猫たちの里親探しのお手伝い』
『動物たちの置かれている現状を知り、考えていただく為のパネル展』


活動の柱はこの3つですが、今の時期はどうしても譲る会がメインになってしまいます。
連日事務局には相談のメールや電話が来ます。

「野良猫をかわいそうに思ってエサをあげたら仔猫を産んだ。」
「飼い猫がいつの間にか仔猫を産んだ。」

こういった相談には里親探しのお手伝いやアドバイスとともに、
「親猫の避妊」
を必ずお願いしています。

避妊をしないとまた半年もしないうちに子猫を産みます。
これでは元の黙阿弥です。

譲る会で譲渡した仔猫にも必ず避妊去勢をお願いし、時期が来たら返信はがきで病院の証明を頂きます。

譲る会まで辿り着ける仔猫はとても幸運です。
IMG_0779.jpg

親とはぐれ、人の手により保健所に持ち込まれたり、道端や公園に捨てられたり・・・。
毎年一体何匹の猫の命が失われているでしょう。

捨てられて弱っている仔猫を保護したが亡くなってしまい、貸し出したケージを返しに来てくれた若い女性は「何もしてやれなくて・・・。」と目を真っ赤にしていました。

捨てることは死ねということです。
死ぬために産まれる命などあって良いわけがないのです。

これ以上不幸な命が産みだされることのないよう飼い猫やエサをあげている猫への避妊去勢をしてください。

Go!Catsでは飼い主不明猫への避妊去勢手術の助成金を出しています。
捕獲のアドバイスなどもできます。

どうか勇気を出して一歩を踏み出してください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する